シミ・そばかす・くすみ

シミについて

皮膚に色素が沈着して、周囲の皮膚よりも濃い色の部分ができてしまっている状態です。重篤な病気や症状につながることはまずありませんが、顔など目立つ場所にできると印象が大きく変わってしまったり、実際よりも高齢に見えてしまうことがあります。女性にとっては大きなストレスになって心身に多大な影響を与えることも珍しくありません。
医療の世界ではシミを20種類以上に分類していますが、これはシミができる原因や治療法はそれぞれが異なるためです。色の変化も薄茶色から濃褐色まで幅広く、皮膚の色素斑すべてがシミと呼ばれているため、シミの治療は正確な診断をもとに適切な治療法を選ぶことが重要です。
当院では、患者様のお肌とシミを丁寧に診断し、状態に合わせた治療法をご提案しています。また、その場限りの改善ではなく、施術後のケアやメンテナンスなども含めたトータルな対応を心がけています。シミに関するお悩みがありましたら、気軽にご相談ください。

シミの原因

紫外線

紫外線を受けるとメラニンを作るメラノサイトという細胞が刺激されてメラニンが増加します。健康な皮膚は、不要になったメラニンを体外に排出したり、白血球の1種であるマクロファージが食べて代謝します。加齢や皮膚の異常によってメラニンの排出や代謝が行われないとメラニンが沈着してシミができます。

ストレス

脳下垂体からの指令を受けるとメラニンが増加します。睡眠不足や過労などストレスがあると脳下垂体からの指令物質が増えてメラニンも増加し、シミにつながります。

生活習慣

不規則な生活などによって免疫力が低下すると、メラニンの増加や代謝の低下による沈着を起こしやすくなって、それがシミを作る要因になります。栄養バランスのとれた食事、適度な運動の習慣化、アルコールやカフェインなどを控える、十分な休息と睡眠などはメラニン代謝の正常化にも効果的です。

ホルモンバランス

女性ホルモンである黄体ホルモンの異常によってメラノサイトが刺激されてシミを作ることがあります。両頬に薄茶色のシミが左右対称にできる肝斑が代表的なものです。黄体ホルモンの分泌異常は、ストレスや体調の影響を受けて生じることが珍しくありません。過激なダイエットや過労はホルモンバランスを大きく崩すため注意が必要です。

シミの種類

老人性色素斑

蓄積した紫外線ダメージによってできたシミです。老化現象ではありますが、日焼けを繰り返して10歳代で発症することもあります。均一な濃い色のシミで、境界は比較的はっきりしています。

炎症後の色素沈着

けが、やけど、虫刺され、かぶれ、ニキビなどによる炎症が治まった後で色素沈着が残ったものです。紫外線を浴びると色が濃くなりやすいため、皮膚ダメージを受けた後はしっかり治るまで日焼け止めなどでガードすることが重要です。

雀卵斑(じゃくらんはん)

「そばかす」のことです。点状の細かいシミが鼻を中心にできて、紫外線によって濃くなります。遺伝的要因が強いと考えられていて、20歳代後半になると少しずつ薄くなっていくことがよくあります。

肝斑(かんぱん)

薄茶色でぼんやりした左右対称のシミが顔にできます。頬を中心に、鼻の下、額などに現れることがあります。発症のきっかけになるのは女性ホルモンである黄体ホルモンの異常です。さらに紫外線や強くこするといった皮膚への物理的な刺激によって色が濃くなります。

当院のシミ取り治療

光治療 UPL(U-Shape Pulse Light-)

特殊な周波数の光を照射し、肌の奥にあるメラニンだけを選択的に破壊する施術です。周囲のメラニン以外の組織にはほとんどダメージを与えません。また、深部の神経芽細胞がこの光で刺激されることで、コラーゲンなど美肌効果に役立つ物質を生み出しやすくなります。メラニンの選択的破壊と、肌全体の保湿・柔軟効果にもつながる施術です。 施術後、1週間程度で破壊されたメラニンがかさぶた状になってはがれ落ちます。メラニン破壊と排出の美白効果、皮膚の保湿・柔軟につながる成分の増強という美肌効果を得られる治療法です。 所要時間は20分程度です。化粧は当日から可能ですが、メイクオフの際に肌をこすらないように注意が必要です。 施術中にパチパチとした軽い痛みがあって、直後には赤みやヒリヒリする感触を起こすことがあります。また、施術後、一時的にシミが濃くなることがあります。

注意事項

施術前後は日焼けしないよう、しっかりとガードする必要があります。妊娠している方、または妊娠している可能性がある方は、事前に医師へその旨お伝えください。

コラーゲンピール(マッサージピール)

肌表面に作用する従来のピーリングと違い、肌の深部に作用するピーリングです。肌深部のコラーゲン生成を強力に促進することで、肌のハリを改善させます。キメが細かく整うため、毛穴を目立たなくさせ、くすみや小ジワの改善にも結びつきます。肌を優しくマッサージしながら薬剤を塗布することで有効成分が皮膚の奥深くに浸透し、繊維芽細胞増殖因子を活性化させます。これによってコラーゲン生成が強力に促進されます。2〜4週間に1回というペースで定期的に続けることで肌質改善につながります。

ご予約Reserve

当院ではインターネットから診療の予約をお取りいただけます。
お気軽にご活用ください。

TOPへ