メディカルダイエット

メディカルダイエット

 

メディカルダイエット は、

  • 「食欲抑制」
  • 「脂肪吸収抑制」、「脂肪代謝亢進」
  • 「糖質吸収抑制」、「糖質代謝亢進」
の対処により、個々の生活スタイルに合わせてダイエットのお手伝いをしています。
体重コントロールにより、生活習慣病の予防効果も期待できます。
補助的なものですので、効果には個人差がありダイエットを保証するものではありません。

方法

「内服」、「点滴」、「注射」をご用意しております。
ご自身の状態に合わせてご相談ください。

内服

「ゼニカル」

脂肪吸収抑制剤
摂取した食事内容に含まれる脂肪の消化管からの吸収を30%前後抑制し、これにより減量効果を得ようとするものになります。
通常1~2日後、油分が排出されます。
油分の少ない食事の場合、効果は少ないです。

食事中あるいは食後1時間以内に1錠内服してください。

【副作用】

  • 胃もたれ
  • ガスが多くなる
  • 油分の漏れ


「SGLT2阻害薬」

糖質吸収抑制剤(糖質ダイエット)
SGLT2阻害薬とは、尿細管においてグルコース再吸収の90 %を担っているSGLT2を高選択的に阻害することにより、グルコースを尿中に排泄して体重を減少させる薬です。SGLT2阻害薬を使用することによって1日約300 〜 400 kcal分のエネルギーが体外に排泄されるとしており、約2~3kgの体重減少が望めるとしています。体重減少のピークは服用開始から半年程です。

SGLT2阻害薬は、食欲そのものを抑える効果はありません。食欲が出て食べ過ぎてしまったなどという場合には体重減少は望めません。

【副作用】

  • 尿路感染症。
  • 脱水。尿量が多くなるため。
  • 他の糖尿病治療薬との併用で低血糖のリスクあり。

点滴

「L‐カルニチン」

体内の脂肪を細胞の外へと運び出し、エネルギーとして使用するための脂肪燃焼作用を促します。

筋肉の中でブドウ糖や遊離脂肪酸を消費させる働きがあり、体脂肪の燃焼を助けてくれます。カルニチンは体内に含まれていますが、年齢とともにその量が低下し、その結果脂肪の代謝が悪くなり体内に脂肪が蓄積されていきます。

Lカルニチンを定期的に補充することで、体内の脂肪を細胞外へ運び出し、エネルギーとして使われやすい形に変えることでダイエット効果につながります。


「αリポ酸」

炭水化物からエネルギーを作り出す働きがあり、新陳代謝を促進し、体脂肪の増加を抑制します。

30歳を過ぎるころから著しく低下し中年太りの原因となるため、αリポ酸を補うことで体脂肪の増加を抑えダイエット効果が期待できます。

  • 糖代謝亢進による新陳代謝促す効果 : 熱エネルギーの生産を高めます。また、冷え性やむくみの改善にも効果的です。
  • 抗酸化作用             : ビタミンC、ビタミンEの400倍の抗酸化作用。美肌効果もあります。

注射

「GLP-1 ダイエット注射」

GLP-1の働き

  • 血糖のコントロール
  • 食欲抑制
  • 胃の運動を抑制し、ゆっくりと消化→血糖値の急上昇を抑える

料金

内服

     
ゼニカル                           1錠                           330 (税抜価格300)       
SGLT2阻害薬                 30錠                                        13,200 (税抜価格12,000)       

点滴

    料金
燃焼系点滴          マイルド   (カルニチン、αリポ酸) 4,180 (税抜価格3,800) 
アドバンス (高濃度カルニチン、高濃度αリポ酸) 8,800 (税抜価格8,000)

注射

    料金
GLP-1              1本(アルコール綿球、針28回分付)         36,300 (税抜価格33,000) 
追加針(14本) 550 (税抜価格500)
追加アルコール綿(14個) 330 (税抜価格300)

 

GLP-1 ダイエット注射

GLP-1注射はアメリカのFDA(食品医薬品局)や欧州連合加盟28ヶ国で肥満症の適応で承認を取得しています。しかし、日本では肥満治療として承認はされていませんので、自由診療となります。

GLP-1には血糖値のコントロールと食欲を抑制する働きがあります。
また血糖が高くなるとインスリン分泌を促し、逆に血糖が低くなると血糖が下がりすぎないように調節する作用があります。

注射方法について

1日1回午前中の同じ時間(食前・食後は問わない)に医師の指示量を自己注射して頂きます。(自己判断で増量しないでください。)

  1. 注射機本体のキャップを外し、先端のゴム栓をアルコール綿で拭きます。
  2. 付属の針を先端に回して取り付け、2つのキャップを外します。(外側キャップは針を外すときに使いますので捨てないでください。)
  3. 空打ちをします。
  4. 空打ち後、ダイアルを自分が使う量にセットします。
  5. お腹をつまみ、垂直に刺します。ダイアルが「0mg」になるまで注入します。注入が終わったらすぐに抜かないで6秒以上待ち、ボタンを押した状態のまま抜きます。(次回接種時は場所を変えてください。)
  6. 使い終わったらキャップを再び取り付け、針を外して終了です。
自己注射の注意点

注射方法 :  医師に処方された量を1日1回注射します。約1分程度で終わります。

痛み       :  専用の細い針を使いますので、痛みは少ないです。

副作用    : ・悪心、便秘、下痢 
          ・食欲不振 
          ・胃のむかつき 
          ・倦怠感、脱力感
          ・低血糖
          ・注射による赤味、腫れ、内出血

通院目安  :  薬剤がなくなるタイミングで来院してください。効果を判定するには、2~3ヶ月程度継続が必要です。

治療が受けられない方
  • 20歳未満の方。
  • 糖尿病治療中の方。
  • 重度の胃腸障害のある方、膵炎・腸閉塞の既往歴のある方、甲状腺疾患のある方。
  • 妊娠中、授乳中の方。
  • 激しい運動やアルコール過飲、栄養不良など低血糖を起こす恐れがある方。
  • 極端に痩せている方
  • そのほか、重病治療中など、医師が不適切と判断した方。

施術の流れ

1診察

医師がお悩みや体調等を伺います。治療可能かどうかの診察を行います。疑問や相談などがございましたら、カウンセリングの際にお尋ねください。
GLP-1を初めて購入する方は採血があります。

2手技説明

医師の診察後、医師あるいは看護師がGLP-1自己注射の手技について説明いたします。施術前に医師が、治療可能かどうかなど診察を行います。
このときわからないことがあれば、お気軽にお訊ねください。

3会計

商品をお渡しし、会計をして頂きます。


GLP-1注射に関してよくいただく質問

効果はどれぐらいででますか?

注射後1~2時間以内には空腹を感じにくくなります。

痛みはありますか?

細い針を使用いたしますので、痛みはほとんど感じません。また、注射の跡も残りませんので、安心して治療をしていただけます。

体重は戻りますか?

食事、運動生活が治療前と変わらない場合は、徐々に元の体重にもどっていきます。 治療中に適切な運動、食事療法を確保してください。

効果が出にくい方はいますか?

BMI18以下、高齢の方などは効果が出にくいことがあります。
GLP-1療法は食欲抑制効果がありますので、すでに食事制限をしている方は効果が出にくいことがあります。

ご予約Reserve

当院ではインターネットから診療の予約をお取りいただけます。
お気軽にご活用ください。

TOPへ