ルクセア(光治療、UPL)

LUXEAの特長

しみ、そばかす、くすみなどの除去などの治療を1台の機器で可能にしたのが、フォトフェイシャルというタイプの治療器です。その代表として、日本でも数多くのクリニックに導入されているイタリアDEKA社のフォトシルクプラスという機器があります。この機器はUPL(U-Shape Pulse Light)という、特殊な波長の光線をあてることにより、従来の治療機器では難しかった薄いしみなどの除去も可能になりました。
当院ではこのフォトシルクプラスをさらに進化させた同社の最新機器LUXEAをいち早く導入しました。LUXEAはさらに改善されたUPL光源に加え、レーザー光源、高周波といった治療機器を1台にまとめて、小さなスペースで広範囲なお肌のトラブルへの対応が可能なったものです。

UPLとは

従来のフォトフェイシャルはIPL(Intense Pulsed Light)という特殊な光を利用して、しみやソバカスなどメラニンにかかわるものや毛細血管にかかわるお肌のトラブルに対応していました。これに対して、UPLは少しだけ周波数の幅を狭めたことによって、よりメラニンに関係するお肌のトラブルへの対応力を高くしたもので、IPLでは反応しにくかった薄いしみにも高い効果が得られます。
また、UPLを照射することによって、お肌の内部のコラーゲン生成能力を高め、お肌につやや潤いがでる美肌効果のほか、産毛やニキビ痕の赤み、毛穴の開きなどにも効果を発揮るという総合的な美肌効果があります。

ルクセア(光治療)とレーザーの違い

レーザーは単一波長に絞った光線ですがルクセアで使われる光は、レーザーより波長が長く、周波数帯も広いのが特徴です。
そのため、ホクロなど狭い範囲にしぼった治療を得意とするレーザーに対して、ルクセアでは、幅広い周波数帯の光が使用されることによって、しみ、そばかすなどのメラニンによるトラブル、毛細血管による赤色のお肌のトラブル、産毛、ニキビ痕など幅広いトラブルの解消と美肌効果に対応しているのが特長です。

こんな方にお勧めです

幅広い対応能力によって、お肌のトラブル解消はもとより、透明感やつやを出す美肌効果、お顔のトーンアップなどの総合的な治療を1つのメニューで行うことが可能です。

従来反応しにくかった薄いしみにも効果大

LUXEAはフォトシルクプラスという定評のあるUPL治療器の次世代機種です。光源の工夫により、すぐれたメラニン粒子の分解機能をもち、従来のIPLでは効果が得られなかった薄いしみなど、薄いメラニン系のトラブルやちょっとしたくすみなどにお悩みの方にぴったりです。

ニキビ跡や赤ら顔・お肌の赤みも改善

毛細血管やニキビ痕などの赤みを吸収分解します。これによって、ニキビ痕などのほか、赤ら顔などの改善などにも効果を期待できます。
その上、LUXEAの光にはアクネ菌の殺菌効果もありますので、現在ニキビに悩む方にもお勧めできます。

肌に無駄なダメージを与えない

950nm以上の光は水分吸収効果が高く、細胞が火傷を負ってしまう可能性があります。これに対し、LUXEAではこの周波数帯以上の光をカットしますので、従来幾より火傷のリスクが低減されています。そのためお肌に無駄なダメージを与えることがなく、光によるお肌のダメージが心配だという方にも最適です。

施術後すぐにメイク可能

LUXEAは治療後に少し休ませなければならない、いわゆるダウンタイムをとりません。すぐにメイクも可能ですから、忙しい方にもぴったりの治療です。

施術の流れ

1カウンセリングのご予約

スマホやパソコンで、ネットから診療の予約が可能です。ネット予約が難しい方は診療時間内に電話での受け付けもしていますので、お気軽にご予約ください。

2医師によるカウンセリング

予約日時には少し余裕ももってご来院ください。メイクをしてのご来院でもかまいませんが、診察開始前にはメイクを落としていただきます。
その上でお肌の状態を診察します。そのさい、ご不明の点がありましたら何でもご相談ください。ご希望の施術日を予約いただいたらカウンセリング終了です。

3ご来院・施術

予約日時には少し余裕をもってご来院ください。その際、同意書を忘れずにお持ちください。施術前に受付で会計をしていただきます。
ご来院までの間メイクをしていても大丈夫ですが、施術開始前にメイクを落としていただきます。LUXEAの治療では腫れや赤みなどがほとんどありません。施術完了後すぐにメイクをしてご帰宅可能です。

当日の持ち物

日焼け止めと、いつもお使いの基礎化粧品(化粧水、美容液、クリームなど)、メイク道具、をご持参ください。
それ以外のメイク落としやフェイスタオルなどは当院で用意しております。

施術後の注意

施術当日から、しっかりとメンテナンスをおこなってください。
治療期間中はとくにしっかりと保湿ケアが必要です。また施術当日から3日目ぐらいまでは熱いお湯、サウナなど発赤やほてりをおこすような環境はお避けください。
さらに治療後数日は摩擦を控えてスクラブなど、顆粒が入った洗顔料やパックなどの使用を避けるようにしてください。
日焼け対策は普段でも大切ですが、施術後はSPF25~30程度の日焼け止めを忘れずにご使用ください。
治療後2~3日すると、シミが濃くなって黒浮きする、いわゆるマイクロクラストという症状がでることがあります。これは1週間程度で自然にはがれます。その前に無理矢理はがそうとすると、色素沈着が起こってしまう可能性もあります。ひっぱったり爪でひっかいたりというようなことがないよう気をつけてください。

治療間隔

LUXEAは数回治療を行うことで高い治療効果が得られます。そこで当院では1クール5回の施術をお勧めしています。その場合、次の治療までは少なくとも3週間は間をあけてください。
1クールの施術によって良い効果が得られたら、少しずつ間隔をあけながらメンテナンス治療を受けるとより効果がはっきりします。

LUXEA光治療を受けれない方

以下のような方はLUXEA治療を受けることができません。

  • 感染症の方
  • 病中病後の方
  • 当日体調の悪い方
  • 光過敏症または光感受性が高い方
  • 妊娠中・授乳中の方
  • ケロイド体質や光アレルギーのある方
  • 極端に色素沈着がある肌の方
  • てんかんの既往症、糖尿病、ヘルペスをお持ちの方
  • 真皮メラノサイト増殖症(太田母斑や異所性蒙古斑など)、皮膚表面に悪性腫瘍やそれに準じる異変のある方

など

肝斑について

LUXEAによる治療が絶対にだめというわけではないのですが、肝斑はレーザーや光治療には適応しないといわれています。照射後一時的に症状がよくなることはあるのですが、すぐに再発してしまう可能性があります。
また、見た目の色素の濃さで照射の程度を調整しても、思ったより強い反応がでてしまい、かえって悪化させる可能性もあります。
肝斑の方はトラネキサム酸とビタミンCの服用による治療をお勧めしています。

リスク・副作用

LUXEAは光の周波数の調整などによって副作用を少なめに抑えてありますが、場合によって以下のような症状がでることがあります。

  • 弱いかゆみを感じることがあります
  • 施術後一次的な反応として赤みがでることがあります
  • 肌質、日焼けの具合などによっては、火傷状態になることがあります

料金

  部位 料金
ルクセア 全顔(あご下含む) ¥19,800 (税抜価格18,000)
¥13,200 (税抜価格12,000)
顔+首 ¥29,700 (税抜価格27,000)

ご予約Reserve

当院ではインターネットから診療の予約をお取りいただけます。
お気軽にご活用ください。

TOPへ