多汗症

多汗症治療とは

わき汗や、わきのにおいはお悩みの方が多い症状です。かなり親しい相手にも話しにくいデリケートな問題ですが、勇気を出して相談しても汗は誰でも出るものなので、お悩みの深刻さをわかってもらえないこともあります。こうしたことから、長い間お一人で抱え込んでいる方も少なくありません。
わき汗は、ボトックス注射で効果的に解決できます。切開の必要がないので痛みなどもほとんどありません。効果が半年程度持続するため、タイミングを見計らって再施術を受ける必要があります。汗に関するお悩みがありましたら、お気軽にご相談ください。

こんなお悩みはありませんか?

  • 大切な服を汗染みでダメにしたことがある
  • 暑くないのに大量のわき汗をかくことがある
  • 汗が気になってタンクトップやキャミソールなどが着られない
  • わき汗パッドを装着しても服に汗染みができる
  • ジャケットまで汗で濡れてしまうことがある

ボトックス注射による多汗症治療

汗を出す汗腺には、エクリン汗腺とアポクリン汗腺があります。大部分の汗はエクリン汗腺から分泌されています。ボトックス注射は、有効成分のボツリヌストキシンが筋肉の動きや神経の伝達といった働きを抑制します。汗腺から汗を分泌させる神経の働きがボトックスによって抑制されるため、分泌される汗の量を減らすことができます。

ボトックス注射について

メスなどによる切開の必要がなく、注射だけで効果を得られる治療法です。痛みや腫れもほとんどなく、傷跡が残ることもありません。効果の持続は数か月程度ですが、手軽に試すことができます。また、満足できる場合は効果が弱まってきたタイミングで再度施術を受けることで効果をキープできます。なお、当院では厚生労働省が認可した「ボトックスビスタ」他を使用しています。

施術時間は、5~15分程度です。ダウンタイムもありません。起こる可能性のある副作用に、むくみ、腫れ、内出血がありますが、比較的短期間に落ち着きます。

ご予約Reserve

当院ではインターネットから診療の予約をお取りいただけます。
お気軽にご活用ください。

TOPへ