消化器内科

消化器内科

消化器内科消化器内科では、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸という消化管に加え、胆のう・膵臓・肝臓などの消化器の症状・疾患を専門的に診療します。胸焼け、腹痛、下痢などの消化器症状は様々な疾患で起こります。そこで、当院では、症状の内容やお悩みの点などについて患者様に詳しく伺った上で、必要な検査を行って診断しています。消化器内科で行われる主な検査は、血液検査、超音波(エコー)検査、X線検査、内視鏡検査、便潜血検査などです。
検査結果をわかりやすくお伝えし、患者様のライフスタイルなどを伺った上で適切な治療方法をご提案し、相談して治療方針を決めています。気がかりやご不安、疑問などがありましたら、遠慮なくご質問ください。

 

よくある症状

腹痛

胃・腸といった消化管や胆のう・膵臓など、幅広い疾患の共通した症状です。痛みが起こる場所、痛みの内容、痛み以外の症状などを伺って必要な検査を行って原因疾患を絞り込んでいきます。痛みの程度が軽くても胃がんのように深刻な疾患である可能性がありますので、早急な治療が必要な病気ではないかをまず確かめることが重要です。

食欲不振

鼻風邪でにおいがわからなくなって起こることもありますが、消化管の炎症や潰瘍、胃がんなど消化器疾患でも食欲不振はよく現れる症状です。また、ストレスによる影響も大きいため、ライフスタイルの変化などについてもお話を伺った上で診断します。

便秘・下痢

便秘や便秘と下痢を繰り返すといった症状でお悩みの方は多いのですが、日常的な不調と考えて我慢してしまっていることがよくあります。慢性的な便秘や下痢は消化器内科で適切な治療を受ければ解消できます。また、様々な消化器疾患の症状として便秘や下痢が現れていることもあり、便秘や下痢が続くことで発症リスクが高くなってしまう疾患もたくさんあります。悪化して入院や手術が必要になる可能性もありますので、お気軽にご相談ください。

吐き気・胸焼け

胃の炎症・潰瘍・がんなどの他に、増加傾向にあるのが逆流性食道炎です。また、頭痛やめまいなどを伴う場合には、くも膜下出血をはじめとする脳血管疾患の発作など一刻も早く適切な治療を受けないと命に関わってしまう疾患も疑われます。

 胃痛

暴飲暴食やストレスから胃がんまで、原因は多岐に渡ります。胃がんは内視鏡検査による早期発見が可能で、早期に適切な治療を受ければ治しやすいことから、当院では楽に受けられる胃カメラを提供しています。(現在準備中)また、胃痛は狭心症や心筋梗塞など心疾患の症状として現れることもありますので、注意が必要です。

便が黒い、便に血が混じる

黒っぽく粘り気のあるタール便は、胃や食道など上部消化管の潰瘍やがんが疑われます。便に赤い血が混じっているのは、痔、潰瘍性大腸炎・クローン病、大腸がんによくある症状です。肉眼ではわからなくても便潜血検査陽性の場合は、消化管のどこかで出血しています。便潜血検査陽性を含め、血便があったら早めに消化器内科を受診してください。

主な対応疾患

  • 過敏性腸症候群
  • 感染性胃腸炎
  • 急性胃腸炎
  • 胃潰瘍・十二指腸潰瘍
  • ピロリ菌感染症
  • 逆流性食道炎
  • 機能性ディスペプシア
  • 胃アニサキス
  • 小腸内細菌増殖症(SIBO)
  • 肝炎
  • 胆のう炎
  • 大腸ポリープ
  • 便秘大腸憩室炎
  • 潰瘍性大腸炎
  • クローン病
  • 胃がん
  • 大腸がん
  • 小腸がん
  • 直腸がん

など

ご予約Reserve

当院ではインターネットから診療の予約をお取りいただけます。
お気軽にご活用ください。

TOPへ