過敏性腸症候群(IBS)

過敏性腸症候群(IBS)とは

腹痛に便秘や下痢といった便通異常や膨満感などを伴う病気です。内視鏡検査などでは炎症などの病変が見つかりませんが、機能的な問題によって症状を起こしていると考えられています。下痢や便秘は日常的な症状なので、体質と考えて我慢してしまう方が多いのですが、過敏性腸症候群は適切な治療によって改善が見込める疾患です。命に関わる病気ではありませんが、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)を大幅に低下させ、お仕事や学業にも多大な支障を与える可能性が高いため、腹痛に便秘や下痢などでお悩みの場合には早めにご相談ください。

診断基準

病変が確認できないことから、過敏性腸症候群は世界的に使われている「ローマⅢ基準」の結果を参考に医師が判断します。
直近3ヵ月間に、月に3日以上の腹痛や腹部の不快感が繰り返し生じ、それに加えて下記の2項目以上に該当する場合、過敏性腸症候群が疑われます。

  • 排便によって症状が緩和する
  • 症状とともに排便の回数が増減する
  • 症状とともに便の硬さなど形状・外観が変わる

症状

便の状態によって下痢型や便秘型、そして下痢と便秘の症状が繰り返し起こる混合型に分けられます。他に、膨満感、お腹が鳴る、無意識におならが出てしまうなどガスに関する症状を起こすこともあります。

原因

はっきりとした原因はまだわかっていませんが、過敏性腸症候群があると脳と腸の間を行き来する信号が通常より強くなっていることがわかっています。信号が強くなることで消化管の蠕動運動や知覚機能が変化や異常を起こして症状を起こしていると考えられています。蠕動運動が活発になり過ぎると下痢をし、鈍くなると便秘になります。ストレスなどがあると脳から腸をコントロールしている自律神経への信号が強まるため、緊張などによって症状を起こしやすくなると考えられます。
過敏性腸症候群で症状を起こすきっかけになるのは、緊張や不安、過労、睡眠不足、不規則な生活などがあります。また、感染性腸炎などの細菌感染、腸内細菌叢のバランス、摂取した食物などが腸の運動機能や知覚に影響することも指摘されています。腸は便通異常を起こすと知覚過敏になってさらに症状を起こしやすくなるため、悪化しやすい傾向があります。

治療

過敏性腸症候群の症状は多くの腸疾患でも起こります。
病変が認められずに症状がある場合は、症状やお悩みの内容などから診断します。治療は症状やお悩みの内容に合わせた薬物療法と生活習慣の改善が中心になります。当院では、患者様の状態にきめ細かく合わせた治療を行っていますので、お悩みがありましたらご相談ください。

薬物療法

患者様の症状や状態に合わせて、腸管の動きをコントロールする薬、便の硬さを調節する薬、腸の過敏性を抑制する薬、腸内環境を整える薬などを処方します。下痢型の場合は、症状を起こす前兆を感じたタイミングで服用することで、その後の症状を緩和させる薬もあります。ストレスや不安と症状との関連が深い場合には、抗うつ剤などを短期間処方することで効果的な解消につながることもあります。

生活習慣の改善

食事や睡眠をしっかりとる、規則正しい生活、バランスのとれた食事、適度な運動の習慣化、ストレスの軽減などの一般的な生活習慣改善が過敏性腸症候群の症状を緩和するためにも有効です。
意識的にリラックスできる時間を作る、寝室や浴室などパーソナルスペースをくつろげる空間にする、起床時に太陽光線を浴びて体内時計をリセットするなども役立ちます。
食生活では、便秘型・下痢型のどちらであっても、積極的な食物繊維の摂取、十分な水分補給が重要です。また、乳酸菌など発酵食品も腸内細菌叢のバランスを整える効果を期待できます。香辛料やアルコールは刺激が強いためできるだけ控え、脂肪分もとり過ぎないようにしましょう。

 

ご予約Reserve

当院ではインターネットから診療の予約をお取りいただけます。
お気軽にご活用ください。

TOPへ